パリ予選大会の様子と結果

パリ予選大会が2018年9月13日(木)にル・コルドン・ブルー パリ校にて行われ、欧州各国より10名の選手が参加しました。

 

第1部は調理技術試験(基礎包丁技術)を30分間実施。

大根15cm1本から、大根の桂むき(30cm)、大根のけん(3人分)、大根の輪切り、色紙切り、短冊切りを作ります。

第2部は書類審査で応募した「吸い物」(5名分)を90分で調理。

 

そうしてパリ予選大会を見事勝ち抜いたのは・・・

Kurko Zsolt選手!(国籍ハンガリー、Sushi Sei Restaurant in Hungary所属)

おめでとうございます!

また2位と3位にそれぞれ輝いたのは、

2位Popow Wojciech選手(国籍ポーランド、Dining Room at Beaverbrook in UK属)と

3位Digdigan Neil Antheus 選手(国籍フィリピン、UMU Restaurant in UK所属)です。

Kurko Zsolt選手は2019年1月に東京で行われる決勝大会に招待されます。

またこの度残念ながら予選通過とならなった選手の皆様、またぜひチャレンジしていただければと思います。

 

更新日:2018年09月13日